"JavaScriptをONにしてご覧ください"
カラフルな三角模様 カラフルな三角模様
カラフルな三角模様 カラフルな三角模様

About

ミライエ長岡について

HOMEミライエ長岡について

米百俵の精神を未来へとつなぐ新施設 2023年夏 先行オープン!

未来が描きにくいこの時代、若者の生きていく力を育み未来の長岡を託す人材を育てるには、
心揺さぶられる出会いが必要です。
出会いはモチベーションを高め、新たなアイデアを生み出し、アクションを起こさせます。
それは、長岡の偉人たちが実践してきた教育のありかたでもあります。
長岡が誇る歴史と文化を継承して、多くの人材が出会う場をつくり、新たな人づくり・産業振興の拠点をつくります。

ミライエモックアップ図

〜 ブランドメッセージ 〜

Meet Your Future

「米百俵」の精神が息づくこの場所で
人に出会う、仕事に出会う、学びに出会う、
文化に出会う、未来の自分に出会う
たくさんの出会いをチカラに、
新しいイノベーションを起こそう
ここは未来への懸け橋
ひとりひとりの想いは長岡の
“ミライエ”つながっていく

国漢学校の跡地に生まれる
固定観念にとらわれない
人づくりと産業振興の拠点

「ミライエ長岡」が建設される場所は、「米百俵」の舞台となった国漢学校の跡地です。未来を見据え人材育成に力を注いできた長岡の教育の精神は、様々な分野で活躍する多くの人材を輩出してきました。この精神を受け継ぎ、時代の変化に対応した新しい学びの場、多様な人材が集まり交流する場、新しいチャレンジの機会に出会える場をつくり、この地から新たな価値を創造します。

ミライエの地図
ミライエの地図
昔の町の絵

国漢学校と米百俵の精神

戊辰戦争に敗れた長岡藩に、見舞いとして三根山藩から贈られた米を、長岡藩大参事の小林虎三郎は“人づくりはまちづくり”と教育の大切さを説き、学校の開校資金に充てました。そうして建設された国漢学校は、漢学以外にも洋学や医学など、世界視野の教育を実施し、士族、町人、農民の身分を問わず、子どもから大人まで幅広い世代が学ぶ場となりました。

ミライエ長岡が担う
3つの役割

「人づくりと産業振興」を総がかりで支える地方創生の拠点です。
ここから新たな価値を創造します。

づくり・学びの場

互尊文庫を移転し、「新しいスタイルの図書館」がオープンします。未来の長岡を支える人づくり・学びの拠点です。

導入機能
まちなか図書館、子どもラボ、
若者ラボ、歴史人物史展示

業づくり・交流の場

大学や産業界との交流・連携による人材育成や商品・サービスの開発を促します。学生や若者が起業しやすい環境を提供し、新しいビジネスの創出を目指します。

導入機能
イノベーションサロン、コワーキングスペース
経営相談・起業支援、オープンイノベーションエリア
ファブラボ、ギャラリーラボ

ぎわい

多世代が気軽に集い、交流する場所です。人づくりと産業振興に関連したプログラムやさまざまなイベントにより、まちなかから市内全域に新たなにぎわいを創出します。

導入機能
トオリニワ、グランパッサージュ、
屋上庭園、バンクホール、
カフェ・飲食店
廣村正彰さん

デザイナーは廣村正彰さん

廣村さんは、美術館や商業・教育施設などのグラフィックデザイン、サインデザインを多数手掛けています。 主な仕事は、日本科学未来館、すみだ水族館、東京2020スポーツピクトグラム開発に携わるなど。数々の賞を受賞しているデザイナーです!

メッセージ

シンボルマークの6色の多彩な色使いは、未来をつくり出す明るさと多様性を表現しています。
長岡のみなさんにも、このシンボルマークから新たな発見や着想を得て親しんでいただけたらうれしいです。
「ミライエ長岡」が、自由な発想とさまざまな交流により多彩な才能を生み、長岡の未来へつながる活動の拠点になることを願っています。

リーフレット・施設紹介資料

ミライエ長岡施設リーフレット

ミライエ長岡の施設概要や機能を紹介しているリーフレットです。

ミライエ長岡施設リーフレットイメージ

子どもラボ・若者ラボ紹介リーフレット

ミライエ長岡の導入機能のひとつである子どもラボ・若者ラボの内容について紹介しているリーフレットです。

子どもラボ・若者ラボ紹介リーフレットイメージ